占いの学校の選び方について

占いの学校とひと口に言っても、その種類はたくさんあります。地域の人達に簡単に占いを教えている教室タイプのものから、しっかりしたカリキュラムを作って専門学校のようにみっちり教えてくれるタイプのものまでさまざまあります。占いの種類も、タロットのような定番のものから聞いたこともないマイナーなものまでいろいろと選ぶことができます。自分が何を勉強したいのかによって、賢く選ぶ必要があります。

プロになることを考えていないのなら、手相占いなどの手軽にできるものにしておくと人生のいろいろな場面で習っていてよかったと思うことができます。道具が必要ないために、いつでもどこででも能力を発揮することができます。ちょっとしたパーティのときなどにも便利です。

急性骨髄性白血病の治療後の予後について

かつて不治の病と呼ばれていた急性白血病も、現在は抗がん剤を投与する化学療法などによって完治することが可能です。ですが、全ての患者が必ず治るわけではないのが実状です。予後因子とは、化学療法によって完治が可能かどうかを示す指標であり、年齢や治療前の白血球数や全身の状態、染色体の異常の種類などがその内訳です。

基本的に、患者の年齢が高くなるほど白血病の治療成績は下がります。また、強力な抗がん剤は人体への影響が甚大なので、体力の無い高齢者に対して投与することは出来ません。治療前の白血球の数が多いほど予後が悪くなるのが一般的です。異常染色体の種類は、白血病の治療成績に大きく関わります。予後不良型染色体異常が確認された場合、5年以上の生存確率は20%程度にまで減少してしまいます。